2008年 02月 07日
病院三昧〜8ヶ月検診と鍼治療と歯科検診〜
はろはろU.T.子です!御陰様で29週目に入りました☆雪が良く降るねー最近。滑ったり転んだりしないように皆注意してねん☆

昨日雪の降る街を8ヶ月検診に行って来ました。この前の検診は正月激太りして坐骨神経痛が泣き叫ぶ程痛かった。赤ちゃんも私の阿鼻叫喚っぷりに縮み上がり骨盤の中に隠れてしまいましたが、本日はどうかな?顔は見えるかしら?身長体重はわかるかな?性別は?何だか最近赤ちゃんが結構諸々理解している気がして、色々注文してみる。
「頭は下にして足を上にしてね。私達に見えるように、お腹の方に体の前面を見せて下さい。」
TVを見ながらリラックスタイムに試しにお腹の場所を指で触りながら話しかけたら、途端にモゾモゾ回転しようと動き出した。クソ!何て可愛いんだ!!(あら失礼、お下品ね)
さらに最近妙な赤ちゃんの夢を沢山見る。
例えば、赤ちゃんが無事に生まれるんだけど、親指の爪くらいの大きさしかなくて、平面で、3パターンの絵柄に変化するというもの。全然思っていた感じの赤ちゃんじゃないんだけど私は嬉しくて、それをペンダントにして首から下げて「私の赤ちゃんです」と病院を退院。「あ、ちなみに性別は...」と思って確認すると小さな絵の中にチンチンが付いているので一応男の子なんだと判明する、という夢。

あと、急に14歳くらいになってる、とか、まだ赤ちゃん生まれたばかりなのに二人目を妊娠しちゃうとか(これ2回も見た!危険!)で、いずれも夢が終わる頃「あ、ちなみに性別は」と(夢の中の我が子の外見は中性的)チェックすると男の子という夢ばかり。Lakin'との胎児名も「タツヒコ」だし、ロボットの戦闘シーンやUFOやボクシングなどの映像に激しい反応をするし、(私とツボが違う)なんとな〜く男の子を生む気になっていた。

で、いざ検診。本日はDavidと一緒に病院へ。リラックスして診察を受けたら先生が冷静に「あー、ありますね。これが睾丸、これがペニスです。」と言われた。あーーやっぱり!夢で見たのと同じ!とDavidの手を握ったけれど、逆に驚いた。そして、赤ちゃんが何回も私に伝えてくれていたんだと思うと涙が出て来た。大体平均的な大きさですと言われたけれど、1400g以上。デカっ!!これじゃあ骨盤も痛くなるわ。

それにしても、子宮の中に睾丸とペニスを持った子が入っているのが何か不思議。両性具有みたいで。血液検査と助産師さんの指導を受けてから(本日から毎日、胎動が10回あるまで何分かかるかをチェックする)、次は坐骨神経痛を軽くするため鍼治療しに行く(紹介してくれたサキ&サキのお母様どうもありがとうございます☆)。鍼初体験!でも全然痛くないの。お灸も三陰交(さんいんこう・安産のツボ)にしてもらう。先生に「あなたみたいな人は歩いちゃ駄目。本に”歩け、歩け”と書いてあるからと言ってそれが皆に良い訳ではない。今はゆっくりする事が一番。あと2ヶ月くらい静かにしてれば治るんだから少し静かにしてなさい。」と心にもお灸をすえられる。暖かい部屋と言葉にとても良い印象を持つ。暫く通う事にする。

そして、予約していた歯科に行って大好きな美人先生に歯のチェックとクリーニングをしてもらう。歯が丈夫なので今回も異常なし。次に会うのは赤ちゃんを連れてだなーと思う。結婚前からお世話になってるから何だか経過を全て見られてる気がして嬉し恥ずかしい。そしてまた次の歯科検診まで暫くこの先生に会えないのは寂しいのです。

とまあ、そんなこんなでお腹も大きくなって男の子だと判明して興奮して色々痛くて口が渇いて夜眠れない訳です。寝なくても死にはしないけど暗闇で寝ようと努力しながら朝になるのは退屈。そうだ、今日から眠れなかったら編み物しちゃおっと!!
U.T.
[PR]

by kiiiiiii3 | 2008-02-07 14:20 | U.T.


<< 2/7発売の「新潮」      吊り雛とマクロスと咳き取り合戦 >>